私だったら、
こんな歯医者に行きたい


私自身が言うのも図々しい話なのですが、おそらく、旭歯科医院は、埼玉でも屈指の滅菌体制を整えています。消毒や滅菌は、決して患者に見えるところではありませんが、力を抜いてはダメなところと、とても強く認識しています。

なぜ、私がここまで滅菌にこだわるのか?

元々、大学時代より、口腔外科を専門にしていましたので、消毒や滅菌や充分に気をつけなければならないことが当たり前のことでした。

医療の中でも歯科は、容易に出血する分野です。血液感染しやすい場所といえます。患者様はもちろん、私もスタッフも含め、旭歯科に関わる人間すべてを「守る」ためには、滅菌対策がとても重要なのです。

今は機械も進歩して、滅菌にできるようになったり耐久性も向上したりしていますので、大した消毒や滅菌をしなくても院内感染を起こすことは、めったにないでしょう。
しかし、1/1000か1/10万か分かりませんが、消毒・滅菌を疎かにしていると、必ずどこかで院内感染の事故は起こりえるのです。

先日もニュースにあった、眼のレーザー手術「レーシック」に伴う感染症。あれも消毒体制の不備から起こった事故とのことです。取り上げられたニュース以外に、一体どれだけの見えない事件があるのでしょうか。だからこそ、私の歯科医院ではそんなことが絶対に起こらない、安心・安全な体制を作ろうと、努力をしてきました。

もちろん、まだまだこれで完成というわけではないし、これからさらに高性能な滅菌システムがあれば導入も検討していくつもりです。

しかし、これだけは、皆様にお伝えしたいのです。

「消毒や滅菌なんて当然やってくれているのでしょ!?」
と思われるかもしれないですが、消毒・滅菌対策は医療機関によって様々です。疎かなところもあれば、私以上に滅菌に気をつけられている医院も存在するでしょう。
別に皆様を恐がらせようと書いた訳ではありません。身体に不調を感じたときは、必ず医療機関に行くことをお奨めいたします。ただ、あなたやあなたの大切な方が医療機関(特に外科処置の伴うとき)に行くとき、そうした消毒・滅菌がしっかりと整ったところを選んでほしいと思います。見えないところですから、とても分かりにくいのですが、少なくとも滅菌をしっかりしている医院は、ホームページで公開しているところも多いので、それも判断材料になりえます。清潔か不潔かはただ単に居心地がいいかどうかだけではないのです。まだまだ未知の解明されていないウィルスもあることでしょう。
治療に来て、取り返しのつかない病気をもらうことほど、馬鹿馬鹿しくて、悲しいものはないと私は思います。
どうか皆さんご自身の身体を愛してください。


旭歯科の滅菌設備